洗いながら保湿ケア!おすすめボディソープ6選!

乾燥が気になる季節、スキンケアだけで終わらせていませんか?

肌の乾燥は身体も同じです!
カサカサしてかゆい…なんてことにならないように日頃からケアをしっかりしたいものです。

しかし、お風呂上りのスキンケアに合わせてボディケアをするのはめんどうで、時間もかかります。
そのためにスキンケアより怠りがちな方もいるのではないでしょうか?

そこで、今回は洗いながら保湿ケアの出来る「保湿効果の高いボディソープ」をご紹介します♡

1、カサカサになってしまう理由

冬になると特に感じる、カサカサした肌。
その原因は生活環境や体質などがあげられます。

乾燥肌とは

乾燥肌とは、皮脂分泌量の低下などにとって角質の水分含有量が低下している状態です。

普通皮膚の水分は汗をかいたり、皮膚や呼吸によって蒸気として失われています。
そして失った水分は身体の内側からや、空気中の水分を得て潤いを保っています。

<乾燥肌の原因>

  • 年齢
  • 性別
  • 体質
  • 気候
  • 生活環境
  • 腎不全
  • 栄養障害
  • ビタミンA欠乏

乾燥の原因は、身体全体の病気であることもありますが。
体質など、改善の出来るものがほとんどです。
上記で一番の乾燥肌の要因と考えられるのは生活習慣です。

他にも

  • 皮脂の分泌が減少している
  • 子ども
  • 高齢者
  • アトピー

など乾燥肌の原因は様々なのです。

これまでは、季節によって乾燥すると思われていましたが
近年は冷房などでも肌の水分が失われるのことから、デスクワークが増えた現代では多くの人が年中肌の乾燥を気にするようにもなってきました。

ボディソープを選ぶポイント

乾燥肌を改善するには保湿も大切ですが、洗浄をしっかり行なうことが大切です。
ここで気を付けるのは洗浄をしっかりするといっても肌を刺激しすぎないようにすることです。
肌に優しいものを選ばないと、反対に必要な保湿成分も肌から洗い流してしまうこともあるんです!

肌に優しい洗浄力

洗浄力の強いボディソープとそうでないボディソープを見分けるポイントは、ボディソープの成分です。

アルカリ性の表示のあるものは洗浄力が強いボディソープです。
肌に優しいのはアミノ酸系などの弱酸性のボディソープがおすすめです。

乾燥肌向けのうるおい成分

お店に行くと乾燥肌向けと表記のある商品もみられます。

この商品は、植物性セラミドなどを含んでいます。
乾燥肌むけの商品はより保湿効果が期待できますね。

泡タイプ

肌にダメージを与えないためには、ボディーソープをしっかりと泡立てることが大切です。
泡タイプの商品であれば泡立てなくてもそのままつかえますね。

2、おすすめのボディソープ

ハダカラ(hadakara) ボディソープ

出典:ハダカラ

ハダカラ(hadakara) ボディソープ
500ml

hadakaraは、水と混ざると保湿成分を
肌に吸着しやすい形(保湿成分複合体)に変化させます。
だから、すすぎ時にも保湿成分が肌に吸着して洗い流されない、
高い保湿効果を実現しました。

出典:ハダカラ

この技術で、保湿だけでなく滑らかな肌に導いてくれます。
洗っているとどんどん濃密な泡になり、肌に密着し成分を浸透させます。

このボディソープは、ボディソープというよりは石鹸に近い商品となっています。
石鹸ベースなだけであってしっかり汚れを落としてくれます。

HP ハダカラ(hadakara)

ケアセラ 肌の高保湿ボディウォッシュ

 

出典:ロハコ

ケアセラ 肌の高保湿ボディウォッシュ
450ml

7種類の天然型セラミドや保湿成分を含んでいます。
汚れを落とすだけでなく、保湿成分を保つ効果も期待できます。
泡タイプのボディソープなので、手で洗うことが出来ます◎

HP ケアセラ

キュレル 泡ボディウォッシュ

出典:アマゾン

キュレル泡ボディウォッシュ
480ml

泡タイプのボディソープです。
低刺激性の商品で肌に優しく汚れを洗い流してくれます。
保湿成分をキープするだけでなく、肌荒れの予防改善の効果も期待できます◎
あかちゃんの肌にも使うことが出来ます。

HP 花王 キュレル

ママバター ボディソープ

出典:ママバター

ママバター ボディソープ
400ml

赤ちゃんや子どもの肌にも優しく使えるボディソープです。
天然由来の保湿成分が使われており、乾燥した肌にも優しく使用できます。
洗ったあとにつっぱりを感じることなく、しっとりと保湿してくれます。

HP ママバター

レイヴィー ボディシャンプ―

出典:レイヴィー

レイヴィー ボディーシャンプー ゴートミルク
500ml

古代エジプトから肌に良いとされていたゴートミルクのボディソープです。
弱酸性のボディソープで肌に優しく使用でき、保湿成分の粒が小さいので肌に浸透しやすいんだそうです。
ソフトピーリング効果もあり、肌のトーンアップも期待できます。
洗い終わった後のもっちり肌に驚きの声が多く寄せられているようです。期待大ですね。

ダイアンボタニカル リフレッシュ&モイストボディソープ

出典:ダイアン

ダイアンボタニカル
リフレッシュ&モイスト ボディソープ
500mL

7種類の無添加の成分を含むボディソープです。
濃密な泡で肌を保湿しながら汚れを洗い流してくれます。
ボトルデザインが可愛いので、シャンプーなどとあわせて使用するのも良いかもしれません◎

HP ダイアンボタニカル

3、保湿効果を高める正しい肌の洗い方

毎日の入浴で、正しい身体の洗い方は出来ていますか?

せっかく保湿効果のあるボディソープを選んでも、間違った洗い方ではかえって皮膚を傷つけてしまい悪影響です。

身体を洗うのは、普段の生活で身体につく汗や垢、ほこりや細菌などを洗い落とすためです。
ここで身体の汚れが気になるからといってごしごしと力を込めて洗っていませんか?
この洗い方、NGです!

手洗いで優しく洗う

もっとも肌に良いと言われる洗い方は、「手洗い」です。

ボディソープを正しく使えば手で洗うだけで、汚れを落とすことはできます。
汚れを落とすために、ボディソープはしっかり泡立ててから使用します。

泡が立つほど泡立てたボディソープで身体をなでるように洗えば、汚れはしっかり落とすことができます◎

どうしても手で洗うだけでは落ちている気がしないという方は、肌に優しい柔らかいタオルなどを使って洗いましょう!
タオルは木綿のものがおすすめです。

ぬるま湯で洗い流す

熱すぎるお湯で洗い流すと、必要以上に水分が洗い流されてしまいます。
ぬるめなお湯で洗うようにしましょう。

これは入浴でも同じで、お風呂のお湯の温度も熱すぎるお湯は避けましょう。

4、石鹸の知られざる保湿効果

ここまで、ボディソープばかり紹介してきましたが実は敏感肌や乾燥肌に効くのは石鹸であると言われています。

昔は身体を洗うのが石鹸であるのは当たり前でしたが、石鹸を使って身体を洗っている人は少ないのでは?
しかし、近年石鹸でもボディソープ同様肌に効きさらにコストパフォーマンスの面でも優れていると注目されているんです!

石鹸は身体用と顔用がありますが、石鹸は肌に優しいので分ける必要はありません。
しかし、季節や肌の状態によって使い分けをする必要があります。

なぜ石鹸が注目されているかというと、石鹸にはボディソープと違って肌への負担が少ないからです。
ボディソープには合成活性剤を使用していることが多いのですが、これを使用していない商品である無添加という商品はどうしても値段が高くなってしまっています。
石鹸には合成活性剤が使われておらず肌に優しいのです。

また、石鹸の成分は弱アルカリ性で弱酸性に保たれている肌を、変化させます。
一部の石鹸には保湿成分が含まれていないこともあるので要注意です。
石鹸を選ぶときには成分をしっかりと確認してから購入しましょう。

おすすめの石鹸

カウブランド 赤箱

出典:牛乳石鹸

レトロな赤いパッケージで長年口コミでも上位にランクインし続けている石鹸です。
この石鹸に含まれているミルク成分はミルクバターで、洗いあがりの肌を持続させてくれます。

この赤箱には色違いの青箱もあります。
青箱はさっぱり洗うことが出来ます。
赤箱はローズの香りなのに対して青箱はジャスミンの香りが楽しめます。

カウブランドには石鹸だけでなく、ボディソープも展開されています。
石鹸にも種類があります、目的に応じて選びましょう。

HP 牛乳石鹸

花王ホワイト

出典:花王

花王の石鹸はクリームのような石鹸です。
きめ細かい泡で伸びが良く肌に馴染みやすいです。
植物原料の成分が含まれており、肌を優しく洗えます。
3種の香りから選ぶことができます。

シャボン玉浴用

出典:シャボン玉石けん株式会社

シャボン玉の人気商品です。
シャボン玉の石鹸には石鹸成分以外は含まれていないので、お肌に優しく安心して使用できます。
きめ細かい泡で弾力もあるので、優しく肌に密着して汚れを落としてくれます。

アレッポの石鹸

出典:アレッポ

石鹸発祥の地の石鹸です。
化学成分や香料を添加していないので、乾燥肌にも優しく使用できます。
髪やメイク落としなどにも使え、美肌効果も期待できます。
余計なものが入っていないので、赤ちゃんから使うことが出来ます◎
泡立ちはあらめですがしっかり効果を実感することが出来ます。

HP アレッポ

5、まとめ

いかがでしたか?

今回紹介したのはお店で買えるボディソープばかりです。

保湿成分が含まれているボディソープは多く販売されているんです。
肌の保湿は顔のスキンケアと同様に、毎日のケアが大切です。

たくさんの種類がありますが、選ぶポイントを意識して自分に合ったボディソープを見つけてみてくださいね。

この機会に乾燥肌の原因を知り、正しい身体の洗い方をマスターしましょう!
保湿だけでなく体臭や美白効果なども予防することが出来ますよ。

以前紹介した美白クリームと併用してみるのもおすすめです。

正しいケアでカサカサ知らずの毎日をゲットしましょう♡