ポイントメイクしっかり落とせてる?美肌に近づく正しい洗顔方法

しっかり毎日メイク落とせていますか?

特に汗に強い化粧品を使っている場合は落としにくいこともあります。

メイクには種類があるのに、同じメイクの落とし方していませんか?

それではしっかり落とせていないこともあるんです。
しかし、正しいメイクの落とし方なんて今さら誰かに聞けるものではありませんよね。

肌にメイクが残ってしまうと肌トラブルや肌のくすみの原因になってしまいますし、色素沈着も起こってしまいます。

反対に、正しいメイク落としを行うことで若返り効果も期待できるそうです!

そこで今回はメイクの落とし方について顔のパーツごとに紹介します!

メイクの落としの基本を再確認!

今の方法間違ってない?正しいメイクの落とし方

①手を清潔にする

まずは手を清潔にしましょう。

洗顔自体が、1日過ごして顔に付着した汚れを洗い流すことが目的ですので
汚れた手で洗ってしまうことはさらに汚れを付着させることになってしまいます。

これが原因で肌トラブルを引き起こしてしまうこともあります。

手をきれいにしてから洗顔しましょう。

②ポイントメイク(目元・口元)から落とす

目元や口元は特に気合を入れてメイクするパーツなのではないでしょうか?

つまり他の部分に比べて落ち難いんです。
ポイントメイクをまず落とすようにしましょう。

③メイク落としをとって肌に馴染ませる

皮脂が出やすいと感じる場所(Tゾーンなど)から指先で優しく落とすようにしましょう。

この時細かい部分にもいきわたるように馴染ませましょう。

④ぬるま湯で洗い流す

メイクが浮いてきたら30℃ほどのぬるま湯で洗い流します。

すすぎ残しのないように、手にぬるま湯をとり顔に当てるようにパシャパシャします。

⑤(洗顔料を使う場合)洗顔料をしっかり泡立てて使う

洗顔料を使う場合はしっかり泡立てて使いましょう。
泡立てることで汚れを落としやすくなります。

この時ごしごしこすらないように注意してください。

洗顔料をすすぐ際もメイク落としと同様にぬるま湯で落としましょう。

⑥タオルで水気をとる

洗い終わった後の肌は刺激に弱くなっています。

出来るだけ柔らかいタオルで顔に当てて水分を吸い取るようにします。

5種類のメイク落とし

洗顔料 顔を洗うためのアイテム。固形・パウダー・クリーム・フォームといった種類がある。
洗顔フォーム 合成界面活性剤が配合されている。チューブタイプのものが多い
オイルタイプ メイクに馴染みやすくメイクを落としやすい。
コットンタイプ コットンにメイク落とし剤を染み込ませて使用する。持ち運びやすい。
石鹸 自然素材で出来ている肌に優しい物が多い。
クレンジングシート シートにメイク落とし剤が染み込んでいる手軽にメイク落としでき、持ち運びやすい。
ジェルタイプ オイルタイプと同様メイクに馴染みやすい。

メイク落としの選ぶポイント

①メイクの濃さ

濃いめのメイクにはオイルタイプ、リキッドタイプ
ナチュラルメイクの方はクリームタイプ、ミルクタイプがおすすめです。

②肌タイプ

濃いメイクを落とすオイルタイプなどのメイク落としは、肌の皮脂も落としてしまいます。

肌が乾燥しやすい、敏感といったかたにはミルクタイプクリームタイプの肌に優しいメイク落としがおすすめです。

洗浄力が高いとその分肌への負担も大きくなることに注意です!

③自分の好みに合っているかどうか

選ぶ基準は

  • 手軽さ
  • 洗い心地
  • 香り
  • 価格
  • デザイン

といったものがあります。

時間がなく忙しいあなたにはシートタイプがおすすめです。

メイクの濃さや肌タイプはもちろん大切ですが、自分のお気に入りのアイテムにすることで楽しいスキンケアタイムになりますね♡

よくあるメイク落としの間違い

メイク落とし、クレンジング剤の量は少なめ

メイク落としが肌への負担になる。
なんてこと、聞いたことありますよね。

確かに長時間肌にのせることや、刺激の強いものは負担になります。
しかし、普通に使う分には量が少なくとも多くとも変わりません。

少ない量のメイク落としでは肌を直接こすることになってしまいます。
出来るだけ肌の表面にのせて摩擦を少なくしましょう。

摩擦による刺激を避けることがポイントです。

適量のメイク落としをつかって、優しく落としてあげましょう。

時間をかけてじっくりメイクを落とす

これもNGです!

メイク落としは、メイクだけでなく肌の表面の汚れを落とす役割もあります。
つまり、長い時間続けると必要な油分も失ってしまうなんてことも!

ぱぱっと汚れをおとしてスキンケアをしましょう。

メイクが薄い日は軽いメイク落としですませる

ポイントメイクなどが薄めの時、つい洗顔だけにしたりしていませんか?

薄いメイクであっても化粧品を使ったら必ずメイク落としをしましょう!
薄い濃い関係なく、化粧品は洗顔では落としきれません

残ったファンデーションなどは、肌のくすみの原因となります。
特に毛穴に残ったメイクは肌トラブルの原因に繋がります。

これは日焼け止めにも同様の事が言えます。
日焼け止めは水に強い成分も含まれているので、必ずメイク落としで落とすようにしましょう。

毎日のメイク落としは習慣にしましょう!

一番時間をかけるポイント◎アイメイクの落とし方

まずアイメイクを落とすのにおすすめのメイク落としはオイルタイプです。
繊細な目元はメイクに馴染みやすく、落としやすいこのタイプがぴったりなんです。

他にもアイメイク専用のリムーバーも販売されていますよ。

①コットンにオイルをしみこませる

このとき、コットンを湿らせた状態で使うと染み込みやすいです◎

②コットンを目元にあててメイクを浮かせる

10秒を目安に目に当てて馴染ませます。
するとマスカラやアイシャドウといったメイクが浮いてきます。

十分に浮き上がらせないと、こすって落とすことになるのでしっかりと馴染ませましょう。

③ふき取る

コットンを目に当てたまま浮かせたら、なでるようにふき取ります。
十分に浮いていれば優しくなでるだけで十分にふき取ることが出来ます。

落としきれなかった場合はもう一度オイルを馴染ませましょう。

クリームタイプを使う時も、指手優しくメイクオフしましょう。
アイメイクを落とす時に気を付けるのは、摩擦を防ぐことです。

おすすめクレンジングとリムーバーの選び方

アイメイクのメイク落としも

  • メイクタイプ
  • 肌タイプ

に合わせて選びましょう。

しかし、ウォータープルーフのマスカラやアイライナーを使用している場合は
クリームタイプのように優しいメイク落としでは十分に落としきることが出来ません。

またはフィルムタイプのアイラインやマスカラだとお湯ですっきり落とすことが出来ます。

落ちないリップもしっかりオフする方法

口紅の落とし方

口紅は落ちにくいものも増えたので、落とし残しになることがおおいです。

唇に残ってしまうと、色素が沈着してしまい次第に色っぽく変色してしまいます。
ひどい時はシミが出来ることもあります。

また、唇の水分も失われカサカサになってしまいます。

これでは唇年齢も高くなってしまいます。
いつまでも綺麗な唇でいるためにはしっかりメイクを落とすことは必須です。

①唇専用のリムーバーをつかう

顔全体に使うメイク落としでは十分に唇の色が落ち切らないことがあります。

また、落ちないがためにごしごしこすったりして唇を刺激してしまいます。
すると、唇が傷ついて皮がむけたりしてカサカサになってしまいます。

ここでおすすめするのが唇専用のリムーバーです。

このリムーバーの使い方はコットンにリムーバーを染み込ませて落としていきます。
丁寧に落としていくことで、うるおいを保ったまま落とせます。

②リップクリームでオフする

唇専用のリムーバーは少し高くなってしまいます。

そこでおすすめなのがリップクリームを使った落とし方です。
リムーバーを買う前に試してみるのもいいかもしれませんね。

使い方は、リップクリームを口紅の上から塗ります。
すると口紅の色がぼやけてくるので、コットンなどを使って優しくふき取ります。

落ちにくい場合は何度か繰り返します。

③アフターケアでしっかり保湿

唇はしっかり保湿をすることが大切です。

保湿の方法は

  • リップクリーム
  • 唇パック

といった方法があります。

リップクリームは縦向きに塗ると浸透しやすいです。

唇パックは、唇専用のパックもありますが代用することもできます。

代用するときは、ワセリンラップを用意します。
ワセリンをリップにたっぷり塗ってから、空気穴をあけたラップで覆って3分ほどパックします。

これだけでもやるとやらないのでは大違いです。

おすすめアイテム3選

マイルドクレンジングオイル ファンケル

ファンケル

マイルドクレンジングオイル
1,836円

メイクだけでなく、肌の汚れもしっかり落としで毛穴まで綺麗にしてくれると評判のクレンジングオイルです。

うるおいキープ処方もされており、乾燥の心配もありません。

無添加メイク落としミルク カウブランド

カウブランド

無添加メイク落としミルク
950円

厳選された原料で、肌への刺激すくなくメイクを落としてくれます。

塗れた手や肌にも使えるので便利です。

クレンジングシートオイルイン ビフェスタ

ビフェスタ

クレンジングシート オイルイン
550円

ウィータープルーフもしっかり落としてくれます。

1枚だけでメイク落としだけでなく、化粧水の役割も果たしてくれます。

ポイントメイクまでしっかり落としてくれるのでおすすめです。

まとめ

いかがでしたか?

今回紹介したのは

  • 基本的なメイク落とし
  • 誤ったメイク落としの知識
  • アイメイクの落とし方
  • リップの落とし方
  • おすすめアイテム

と基本からポイントまでご紹介しました。

メイク落としはめんどくさいと感じがちですが、残ったメイクが肌に与える影響はかなり大きいんです。
肌の調子が悪くなるとメイクののりも悪くなってしまいます。

いつまでもツヤ肌でいるためにも、正しくメイクを落として綺麗な自分でいましょう◎

肌のケアについて以下の記事も参考にしてください。

冬の乾燥肌知らずになれる3つのポイントと対策方法

【肌のタイプ別】正しい毛穴ケアで美肌を手に入れよう!