女子旅するなら温泉!美肌になれる温泉の入り方♡

「温泉に入ると肌が綺麗になる。」

そう聞いたことはありませんか?

確かに温泉に入ると肌がすべすべになりますね。

どうして美肌になるのか知っていますか?温泉には様々な効果があります。

なんとなく温泉に入るだけではもったいないです。

そこで美肌になる効果的な温泉の入り方から、おすすめの温泉をご紹介します!

1、温泉で美肌になるわけ

1-1 温泉ってこういこと

そもそも温泉とはどのようなもののことを指すのでしょうか?

日本温泉協会によると、日本で温泉とは「温泉法」によって以下のように定義されているとされています。

「地中からゆう出する温水、鉱水及び水蒸気その他のガス(炭化水素を主成分とする天然ガスを除く。)で、別表に掲げる温度または物質を有するもの」

 

別表に表されているのは、温泉源から採取された時の温度が摂氏25℃と19種類の物質です。

(詳しくはこちら→温泉法)

つまりは温泉とは源泉の温度が25℃以上あるか、または19種類のうちの1つでも含まれていれば温泉なのです。

栄養たっぷり!な温泉のイメージとはかなり違いますね…

温泉によって含まれる成分が違うということは、どの温泉にも同じ効果があるわけではないということです。

1-2 温泉と家のお風呂の違いとは

温泉の効果というのは温熱効果や水圧効果のような物理効果はもちろんのこと、いつもと違った環境での入浴の精神的に良い心理効果、そして温泉に含まれる成分の薬理効果があります。

水質 美容面 保湿効果
温泉 ミネラル成分が豊富 身体を温め、肌をコーティングする 身体の芯から温めてくれるのでしばらく温かい
お風呂 殺菌繁殖予防の為のカルキが多く、ミネラルが少ない 乾燥しやすい 身体の表面のみが温まるので持続性が低い

しかし、自宅での入浴も温泉までとはいきませんが効果は期待できます。

より温泉に近い効果を求める場合に良いアイテムは重炭酸入浴が再現できる「重炭酸入浴剤」、炭酸ガスを発生させる機械を入れる「人工炭酸泉」、「炭酸入浴剤」、水素を発生させる「水素入浴剤」などがあります。

比較的リーズナブルな価格で手に入るのでいおすすめです。

1-3 肌に良い理由

家のお風呂より温泉の方が養分があり、肌に良いことがわかりましたが特に何が良いのでしょうか?

温泉はその船室によってタイプが違います

  1. 単純泉…刺激が少なく、美肌・鎮静作用がある
  2. 塩化物泉…湯冷めしにくい、殺菌作用がある
  3. 炭酸水素塩泉…美肌、冷えなどに効果あり
  4. 硫酸塩泉…脳卒中、傷の治療に
  5. 二酸化塩素泉…血管拡張作用
  6. 含鉄泉…造血作用
  7. 硫黄泉…生活習慣病の改善、肌への刺激が強い。
  8. 酸性泉…殺菌作用が強い
  9. 放射線泉…痛風の方向け

このように様々な作用があるので、自分にあった温泉を選ぶようにしましょう。

美肌効果を期待して温泉に行くときは、その温泉が酸性なのかアルカリ性なのかを気にしましょう。

酸性のお風呂は肌が引き締まるような感覚で、アルカリ性はぬるぬるしているという違いです。

酸性のお湯 天然のピーリング効果、殺菌力あり
中性のお湯 皮脂を溶かして柔らかくする
アルカリ性のお湯 肌に優しい

このように㏗値は肌にはそれぞれで違う美肌効果があります。

温泉の美肌になる理由はここにあります。

1-3 肌悩み別おすすめの温泉

美肌全般

美肌全般に効果があるのは、炭酸水素塩泉でアルカリ性の温泉です。

上でも述べているようにアルカリ性にはピーリング効果があります。

肌のざらつきが気になる方は美肌効果が実感できるはずです。

しかし強いアルカリ性の温泉に入りすぎると、肌が乾燥してしまうので注意しましょう。

皮膚疾患

皮膚疾患に効果があるのは、酸性泉です。

ph6未満の弱酸性の温泉は私たちの弱酸性のお肌に優しく美肌に効果的です。

殺菌力で肌を生まれ変わらせる働きがあり、肌に必要な皮脂を残しておいてくれるので肌の弱い方におすすめです。

ニキビ

ニキビに効果があるのは、硫黄泉です。

硫黄泉は白濁したお湯で独特な臭いがする、硫化炭素ガスを含む温泉です。

これはつかるだけでなく、飲むこともできるんだそうです。

硫黄には角質を柔らかくする働きがあるので、固くなった確率を取ってくれます。

乾燥肌

乾燥肌に効果があるのは、塩分の多い塩化物泉です。

この温泉は肌を柔らかくして汚れを落とすクレンジング効果も期待できます。

また、塩分が肌の表面で水分が逃げるのを防いでくれるので入浴後の乾燥も気になりません。

 

2、効果的な入り方

2-1 美容効果の上がりやすい入り方

温泉に入るとリラックスできる印象はありませんか?

だからと言って、疲れた時は長くお湯に入っていると良い!という訳ではありません。

あまり長く入っているとのぼせてしまいます。

のぼせるということは熱中症と同じことなので、長く入りすぎないで水分補給も心がけましょう。

また、入浴というものはかなりのエネルギーを消費するので温泉に入る前にお菓子やおにぎりなど何か食べておくと疲れにくくなります。

温泉に入るときのポイント

①メイクはオフしてから

せっかく温泉に入るなら温泉の美肌に良い成分を肌に浸透させましょう!

メイクはその浸透を邪魔してしまうので入浴する前にはしっかりメイクを落としましょう。

②かけ湯をしっかりする

かけ湯をしっかりしていない人多いと思います。

温泉のマナーとして身体の汚れを流すことは一般的です。

しかしかけ湯とは温泉に入る前に身体の汚れを落とすというだけではなく、温泉の成分に肌を慣れさせる役割もあるのです。

先ほど述べたように温泉には肌への刺激の強いものもあります。

刺激の強いものは、肌の弱い方は肌トラブルを起こしてしまうこともあるのでかけ湯も丁寧にしましょう。

③徐々に温泉に入る

いきなり温泉に入ってはいけません!

首まで深くつかりたいところですが、我慢です。

初めから深くつかってしまうと身体への負担が大きいですし、すぐに温かくなって長風呂は出来ません。

温泉の温度を確認するように、ゆっくり足から入って半身浴から始めましょう。

次第に身体が温まるので、身体の芯から温まることができます。

④タオルを有効活用!

温泉に入るとき、タオルをもってはいりますよね。

それを身体を隠すためでなく、水で絞って頭の上に置いておくことで頭が冷えるのでのぼせ防止になります

⑤適度に休憩をとる

温泉は温度が高いところがほとんどです。

せっかく温泉にきたなら出来るだけ長く楽しみたいものですが、ずっと入り続けることは逆効果です。

温泉を楽しむためには適度な休憩をとりましょう。

休憩は入浴してから10分を目安にすると良いです。

休憩時間は5分ほどにしましょう。そうしないとせっかく温まった身体が冷えてしまいます。

10分経ったら5分休憩してまた温泉に戻る。と繰り返すことが温泉を楽しむこつです。

美肌効果を期待するだけなら3分入って5分休憩を3回程繰り返すくらいで効果は見られます。

⑥上がり湯は少なめに

温泉からあがるときの上がり湯は温泉の成分も身体から洗い流してしまうのであまり念入りにしないようにしましょう。

肌に浸透して身体を温めて美肌効果をもたらす温泉のこうかも、流してしまってはせっかくの温泉効果は半減します。

2-2 アフターケアを忘れずに!

温泉に入ると肌がすべすべになるので、ついついアフターケアを忘れがちです…

温泉に入ってから時間が経つと、なんとなくカサカサした感覚を覚えたことがある方もいると思います。

上でも説明したように、温泉で肌がすべすべになるのはピーリング効果があるからです。

ピーリング後の肌は、肌のバリアの役割を果たす角質層がなくなってしまっているので普段よりも乾燥しやすく敏感になります。

そのため普段よりも念入りにケアをする必要があります。

温泉後のケアにおすすめなのは油分の多い乳液やクリームです。

かなりべたつくのですが、温泉後のすべすべ肌を保つために丁寧に保湿しましょう。

3、美肌効果が期待できる温泉

 では、日本にはたくさん温泉地がありますがその中で美肌効果が期待できるような温泉をご紹介します。

3-1 日本三大美肌の湯

日本には美肌に効果のある効能を持つ有名な温泉で「日本三大美肌の湯」と呼ばれるものがあります。

嬉野温泉

出典:http://ureshinoonsen.sakura.ne.jp/spa.html?cate=3

佐賀県嬉野市嬉野町にある嬉野市により商標登録されている唯一の温泉です。

この温泉の泉質は重曹泉。

ナトリウムを多く含むのでトロトロとしたお湯の温泉です。皮脂や分泌物を洗い流し、湯上りは肌がすべすべになります。

嬉野温泉観光協会HP:http://ureshinoonsen.sakura.ne.jp/

斐乃上温泉

出典:http://www.hinokami.jp/25.html

島根県仁多郡奥出雲町にある温泉です。

アルカリ性単純温泉で、古事記にも登場しています。肌ざわりが柔らかく少しぬるぬるしています。

斐乃上荘HP:http://www.hinokami.jp/

喜連川温泉

栃木県さくら市にある温泉です。

泉質はナトリウム塩化物温泉で、透明度のある茶褐色の温泉です。

喜連川早乙女温泉HP:http://www.soutome-on.com/

3-2 他のおすすめ温泉

ニセコグランドホテル

出典:http://niseko-grand.com/onsen

北海道ニセコ町にある温泉です。

美容効果が高いといわれる「メタケイ酸」が多く含まれる昆布温泉。
特にここの温泉は「メタケイ酸」が多くウルトラ美肌の湯ともいえます。
ニセコグランドホテルHP:http://niseko-grand.com/

秋田温泉プラザ

出典:http://www.akitaonsen.co.jp/contents/onsen.html

秋田県添川市にある温泉です。

この温泉は秋田県一の美肌温泉と呼ばれていて地元の秋田美人たちにも評判の温泉です。

泉質は塩化物泉です。

秋田温泉プラザHP:http://www.akitaonsen.co.jp/

万座温泉

出典:http://www.manzaonsen.gr.jp/onsen/

群馬県にある標高1800mのところにある温泉です。

こちらの温泉も「メタケイ酸」が多く含まれている温泉です。

周辺にも多くの温泉が多くあるので温泉巡りもおすすめです。

万座温泉観光協会HP:http://www.manzaonsen.gr.jp/index.php

アルカナイズ

出典:http://www.arcanaresorts.com/room.html

静岡県伊豆市にある温泉です。

硫酸塩酸で肌がしっとりして乾燥肌に効果があります。

アルカナイズHP:http://www.arcanaresorts.com/

4、まとめ

いかがでしたか?

今回紹介したのは

  • 美肌になるのは温泉に含まれる成分のおかげ
  • 温泉を選ぶときはph値で選ぶ
  • 温泉に入った後はケアが大切

ということでした。

一言に温泉と言っても種類があります。

様々な温泉を試して、自分にあった温泉を探してみてくださいね。

温泉にいって心と身体を癒すだけでなく、美人になってリフレッシュしましょう!